ネットワークエンジニアの休日

ネットワークエンジニアは、休日にはリフレッシュをする人が多いです。
仕事内容が非常に神経を使うものであるために、休みの日にはゆっくりして精神的なストレスを解消しておくべきだと考えている人が多いためです。
ちょっとしたミスも許されない大変な仕事なので、休みの日ぐらいはプレッシャーから開放されてゆっくり過ごしたいものです。
家族がいる人なら、家族サービスをすることでリフレッシュをするときもあります。

ただし、休日をリフレッシュに当てると言っても、丸々すべての時間を遊んで過ごしているわけではありません。
仕事中にはできないような最新技術の研究等は、休日の夜中にやることも多いです。
エンジニアの世界は日進月歩であって、毎日勉強をして新しい情報を仕入れておかないとすぐに置いてけぼりを食らってしまうからです。
ライバルに差をつけられないためにも、休日でも数時間は勉強のために使っていく必要があります。
それだけ大変な仕事だということですが、しかし仕事内容は人によってかなり変わるので一概には言えません。

プログラミングを担当しているネットワークエンジニアもいれば、機器の設定を主にしているネットワークエンジニアもいます。
同じ仕事であっても、どういった内容の働き方をするかは部署によっても違います。
自分の得意なことを突き詰めて考えていくと、長く業界で生き残っていくことができるはずです。
まずは、自分にできることを見つけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です